このサイトでは、ペットの医療保険にスポットを当て、種々の説明を試みています。

愛犬のための医療保険

21世紀になり、色々な変化が出て来たようにも思います。
たとえば、20世紀末期にインターネットのブロードバンド化がなされ、それが一般家庭へのインターネット浸透度を高めたとも言えます。
今では、インターネットを利用したサービスに加入している人も、かなりの数に上っていることでしょう。
かつて情報革命という言葉がありましたが、それにふさわしいような現象に思います。
そういう社会の変化に、ペットの家族化も含まれることでしょう。
日本においても、以前からペットを飼う人がいましたが、扱いについては、家族と呼べるものではなかったようにも思います。
もちろん、個別で見れば、色々な特徴があり、ひと言では片づけられないことでしょう。
しかし、一般的に見れば、犬であれば、庭あるいは玄関先で飼い、日本犬種であれば、番犬であることが義務のような雰囲気がありました。
室内飼いをしている人は、一部の富裕層のイメージがあり、なおかつ、集合住宅では、ペットを飼えないことが、原則のようでもありました。
しかし、とりわけ、21世紀以降になり、新築の集合住宅では、ペットを飼えなければ、居住者が増えないという現象が出て来ました。
先にお話したインターネットでは、ペットの相談窓口、あるいは、ペット商品の販売サイトなどが多数公開され、ペットの家族化と共に、日本でも、いよいよ欧米並みのペットとの共生が行われる時代に突入して行くのかもしれません。
これもまた、晩婚傾向、あるいは、核家族化も影響していることは、否定できないことかもしれません。
しかし、ペットと暮らすということは、それだけ、ペットの健康にも気を付ける必要があります。
そうは言っても、ペットには、人のような社会保険がなく、動物医療の治療費にも、基準があいまいな面もあり、金銭的な問題があることもまた、事実のようです。
そうは言っても、できるだけ、治療費などを安くしたいことが、飼い主の思いでもあります。
そこで登場したのが、民間で運営されているペットの医療保険です。
これは、人の生命保険と社会保険を掛け合わせたようで、請求することで、自己負担分以外の保険金を受け取れるようになっています。
このサイトでは、こんなペットの医療保険にスポットを当て、種々の説明を試みています。
基本的なことを主としていますが、皆さんのお役に立つようであれば、幸いです。

Copyright (C)2014大きな病気になったらいくらかかる?医療費負担額について.All rights reserved.